メイン

2015年03月12日

最後の仕事

芝居は終わっても、翌日には倉庫に返却、小道具屋さんに返却、そして衣裳その他は劇団事務所の衣装保管スペースに整理して収納。最後の仕事があります。スタッフのみなさんお疲れ様でした。
裏方日誌をご覧の皆様、お付き合いありがとうございました。
次回は3月末から始まる NLTダッシュ公演「月の小鳥たち」まで、しばしのお別れです。

ミントティー、それともレモン・・・?特設ブログはこちら

打ち上げ


みゆき館劇場近くの居酒屋さんで打ち上げが始まりました。
1月中旬から始まった稽古、そしてたくさんのお客様にご覧いただけた公演。
役柄のこと、作品にこと、数々のエピソード・・・・話題は尽きることなく
夜が更けていきました。
皆様、ありがとうございました。
「ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちらNLT Facebookはこちら

2015年03月10日

補助席も一杯

皆様、ご来場ありがとうございます。
補助席まで10日、19時の回は一杯でした。窮屈な中、ご観劇ありがとうございました。
千秋楽明日は、まだ席がありますので、当日券もお出しします。最後のチャンスにどうぞいらして下さい。

昨日の公演の動画です。

1幕海宝弘之さんと亀井惟志さん
杉山さんと茂木さん
山田敦彦さん


上記をクリックするとYouTubeでご覧いただけます。
少し前に動画をUPしましたが、以前のものは事情により不鮮明でした。
今回は、それよりは鮮明です。
明日、11日14時の回はお席をご用意でいますが、今日14時は空席は僅少。
19時の回は補助席がわずかです。お早目に。
ご来場、ありがとうございました。

特設ブログはこちら
NLT Facebookはこちら

2015年03月06日

ミントティー、それともレモン・・・?動画(山田敦彦編)

Youtubeでご覧ください

3月5日14時~の公演です。上記をクリックしてご覧ください。
山田敦彦さんが演じるリシャールの一人の場面です。
ご覧いただきありがとうございました!!!

「ミントティー、それともレモン・・・?」特設ブログはこちら

NLT Facebookはこちら

2015年03月05日

ミントティー、それともレモン・・・?動画

YouTubeでご覧ください(杉山美穂子・茂木直人編


3月5日14時の公演の動画です。上記をクリックしてご覧ください。
ご覧いただきありがとうございました!!

ミントティー、それともレモン・・・? 特設ブログはこちら
NLT Facebookはこちら

舞台稽古

[ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちら

NLT Facebookはこちら


舞台稽古も終わり、昨日初日を迎えました。
補助席も一杯で、たくさんのご来場ありがとうございました。
詳しくは、特設ブログで。

2015年02月28日

藤井ミチルさんのこと

「ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちら

NLT Facebookはこちら


今回の衣裳をお願いしました、藤井ミチルさん。わたしはミチルさんに11年前にパリで
初めて会いました。俳優ヨシ笈田さんのおうちでのパーティで。(もちろんシェフは私です。)
それから、なぜか気が合って、お話するうち、ミチルさんがパリに来る前、勤めていたオ
フィスが私の父のオフィスと同じビルの同じ階だったということが分かり、まだ子供で走
り回っていた私を見たことがある、という話を聞きました。ご縁です。
NLT公演「オーカッサンとニコレット」で、初めて衣裳を担当していただきました。今回
も、ミチルさんのテイストがあふれています。先月は、パリでの公演を一緒に観劇しまし
た!You Yamagami 

2015年02月27日

平松慎吾さん

>ミントティー、それともレモン・・・の特設ブログはこちら
NLT Facebookはこちら

今日は平松慎吾さんも稽古場に来ていました。
劇団では オニィ(お兄)と呼ばれていましたが、20世紀の話ですね。古い人は今でも呼びますが、今どきの人たちは平松さんと呼びます。御年81歳。 

2015年02月24日

見学者

「ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちらNLT Facebookはこちら


阿知波悟美さんが稽古を見に来ました。阿知波さんも3月にミュージカル、「ウィズ」に出演するので稽古中ですが、合間を見てきてくれたのです。海宝さんとは同期ともいえる(セミ同期というか詳しくはまた・・・それはないか。)間がら。稽古の後は感想を聞かせてくださいね。

2015年02月20日

山上さんと作者パトリクさん

「ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちら
NLT Facebookはこちら


2014年12月19日金曜日、「ミントティー、それともレモン…?」の作者、パトリクが出演中の別の芝居を観に行く。ブールヴァール大通りで続演中の新プロダクションの「ミントティー…」の演出ももちろん彼だけれど、俳優でもあるパトリクが出演中なのは、日本でも幾度か翻訳上演されているフランシス・ヴベール作Le diner de con「おバカの夕食会」。こちらはオペラ近くのミショディエール劇場。近くには日本語の古本屋もある。マッチ棒の細工が大好きなおバカというよりは、オタクな主役を演じているパトリク。劇場内には、もう彼の愛すべきバカさ加減の大ファンたちが、ひしめいている。ストーリーは映画にもなっているからよく知られているが、パトリクの演技がやはりたまらなくスイートなのである。私も男優だったら、「ハムレット俳優」より「Con俳優」になりたい。(by 山上優)

2015年02月14日

出演者集まる

「ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちら


全員で集合写真を撮りました。なぜか・・・。それはシアターガイド4月号、銀座CLIPS、みゆき館劇場のページで、使う写真を撮るためでした。皆さんの表情が良いと思ったので、こちらでも公開。

2015年02月09日

寒い中ありがとうございました

稽古中の風景。左のうしろ姿は、翻訳の佐藤康さんです。雨の寒い中、稽古場に来て下さいました。台本と照らし合わせて見ていましたが、「メジャーでサイズを測るのは、ズボンのサイズを測るように見えないように、足の長さを測ったほうが良い」とのだめ出しも。「縮んでないと良いんですけど」というセリフの動きに対してですが、理由は芝居をご覧いただければ分かります.
「ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちら

2015年02月07日

演出家!?

パリは共和国広場近く、グラン・ブールヴァール通りにある、ルネサンス劇場で2014年の初めから現在まで上演が続いているこの作品!この劇場へ来る前は、モンマルトルにある、フォンテーヌ劇場で3年余のロングランでした。2014-2015シーズンから新しいプロダクションになって、キャスティングも一新!新年早々に、拝見してきました!と、ロビィで、あ、あ、あの演出家クララ役の女優さんを発見!すかさず話かけました。Isabelle Spade(イザベル・スパッド)さん。彼女もまた新キャスティング版を観に来ていたのです。 「優ね!」(NLT版演出の山上優です…。)「日本公演おめでとう!期待してるわ。」と言われました。(私、緊張!!)イザベルは新学期から娘さんの学校が大変で、少し一緒にいる時間を取りたかったの、と話してくれました。「もう、900回演ったしね!」とも。す、す、凄いです。本当に、この作品がどれほどの大ヒットかということが分かります。やらせていただけることに感謝。日々、精進でございます…。by山上優
「ミントティー、それともレモンン・・・?」の特設ブログはこちら

2015年02月04日

演出の山上優さん

さすが、稽古場で何を飲むかと思ったら、レモンティー!まあ1Lパックでミントティーは無いものね。「ミントティーそれともレモン・・・?」の特設ブログはこちら

スマホ

何をウォームアップの合間に観ているのかと思ったら、「ミントティー、」のパリ版の舞台。ネットで検索すると出てくるのです。観て参考になるのかなあ、まあ興味は持つけどね。「ミントティー、それともレモン・・・?の特設ブログはこちら

ウォームアップ

外は寒くても、いや寒いからこそ稽古前にウォームアップ。身体を動かさないと思わぬ怪我もありますからね。
「ミントティー、それともレモン・・・?」の特設ブログはこちら

2015年01月27日

亀井君

王子小劇場で26日(月)までピストンズの公演に出ていましたが、今日はもう稽古。
3つ下の特設ブログ始めました。も、見てくださいね。

休憩中

稽古前には行けなかったので始まってから稽古場に着きました。扉を開けてはいる雰囲気ではなく(真剣だった!)、休憩中の風景です。
一つ下の特設ブログ始めました。も、見てくださいね。

ミントティー特設ブログ始めました!

こんにちは。
先週、突然始めました『ミントティー稽古場日誌』。
初回投稿には100人を超える方の訪問がありました!!ありがとうございます。
荒立ち稽古も始まり、これからもどしどし更新していきますので、どうぞお楽しみに!

『ミントティー稽古場日誌』はこちらから

2015年01月16日

パリのアトリエより②

 世界中に報道された、パリで起きた連続テロの現場から藤井ミチルさんのアトリエはほど近いところにあります。ミチルさん行きつけのカフェにも、犠牲になったアーテストの方々が来ていたそうです。悲しい情報の中でしたが、製作は着々と進めております。今回の衣裳の中には、現地マリ・クレールなどにも作品を提供している、クリエーター Mchiru Fujiiとしての創作作品もあります。手にしているパッチワークは、身近なあるアイテムから独自に発想されたクリエーションです。ウィッグに相当するかぶり物の素材は、馬の尾の毛だそうです。ブロンドの髪を遊び心たっぷりに再現しています。今では稀少な素材です。昔、パリ11区バスティーユ近くの裏通りには、家具の修理を請け負うアトリエが沢山ありました。今でもときどき見かけることはあります。フォトイユ(肘掛け椅子)の修理などには、この素材が用いられたそうです。さて、一方こちら東京では、本日稽古が開始となりました!いよいよ始動です!!


2015年01月13日

パリのアトリエより①

パリ、11区メトロヴォルテール駅から、歩いて直ぐのところに、今回衣裳をデザイン、製作して下さる藤井ミチルさんのアトリエがあります。アトリエを今回の演出、山上優が訪ねました。現在猛スピードで、製作中です。
パリの街は寒々としたグレイの空ですが、アトリエでアイデアの数々を語るミチルさんは、とても熱いです。藤井ミチルさんには、2008年NLT公演『オーカッサンとニコレット』で初めて衣裳をお願いしました。

2015年01月08日

ハガキサイズ

「ミントティー、それともレモン・・・?」のチラシはホームページトップにありますが、
これ、わかりますか?POST CARDとありますが、ハガキも作ったのです。
あまり数は作っていないので、どこかで見かけたらラッキー、ということでしょうか。